FX取引の利益の上げ方。

FX取引での利益の上げ方について、ご紹介しましょう。

●通貨の売買

FXは外国為替証拠金取引のことで、二国の通貨の売買で利益を狙っていきます。
価格の変動によって損益が発生するという仕組みです。
FXは買いからも売りからも注文することができるので、相場の局面に関係なく利益を狙いに行ける投資として知られています。

近年では短期売買がFXの主流になってきました。
一日の中で何回も売買を繰り返し、その日のうちに決済をしてしまうという方法です。
ポジションを翌日に持ち越さないことで、リスクを少なくするという考え方になります。
かつてはプロの機関投資家が行っていた手法ですが、現在では一般投資家にとっても当たり前になっているとのこと。
勝つ取引ではなく、負けない取引という考え方にシフトしていることのあらわれでしょう。

●スワップポイント

スワップポイントとは、ふたつの通貨ペアを購入したとき、一晩保有しているだけでもらえる金利のことです。
これは政策金利が関係しており、また超低金利国の日本だからこそ狙える利益と言えるでしょう。
通貨の売買をせずとも得られる利益ということで、不労所得(インカムゲイン)と考えられています。

スワップポイントを狙う際に気を付けなければならいのが、上記の「政策金利」です。
高政策金利通貨を選ぶことで、スワップポイントも高額になります。
では、高政策金利通貨にはどのようなものがあるのかというと、
・トルコリラ(7.50%)
・南アフリカランド(7.00%)
・中国元(4.35%)
・メキシコペソ(4.25%)
・ニュージーランドドル(2.25%)
などが挙げられるでしょう。
FXをしている投資家のほとんどがスワップポイントも狙った取引を行っています。
詳しい知識を持っていなくても利益が狙えることが魅力と言えるのではないでしょうか。

FX取引には、以上の2つの利益の上げ方が挙げられます。
ご興味がある方は、ぜひ詳細を調べてみてください。

FXは小額投資が可能です!

みなさんは、投資に必要な資金に対してどのようなイメージを持っていますか?
おそらくほとんどの方が「まとまった資金を用意しなければならない」と思っていらっしゃることでしょう。
ですが、実際のところは全くそんなことはありません。
もちろん”まとまった”というのがいくらになるのかは主観により人それぞれ異なるでしょうが、かなりの小額投資から投資ができてしまいます!

特に今非常に流行しているFX(外国為替証拠金取引)の場合は、最小だと4000円程度からでもトレードをすることができると言われているんです。
とはいえ、ほとんどの方がだいたい1万円を投資資金として開始する方が多いですが、このような少ないお金でも取引が可能ということは知らない方がわりと多いと思います。

1万円もあれば1000通貨単位の外貨をトレードすることができますので、立派な運用をすることができるでしょう。
「たった1万円じゃあ利益も小さいのではないか?」と感じる方がいらっしゃるかもしれません。
確かにそれは「もちろん利益を得られたとしても少額です」という答えになってしまいます。
いわゆる、ローリスクローリターンですね。
資金が少ない分利益も少ないですが、損失も少なくなります。
また、利益は少ないものの実際のFXのトレードができることは間違いありませんから、経験値を積むことができることも魅力ではないでしょうか。
中でも投資初心者の方はいきなり大金でトレードをするということにためらってしまうという方も多いでしょう。
なので最初こそ小額投資、ということがおすすめではないかと思いました。

ちなみに、小額投資で経験値を増やすべき期間は、だいたい1年間が妥当だと考えられています。
「1年間もちまちまと取引し続けなければならないのか?!」と思いましたか?
実は、1年後、およそ8割の方が投資資金を0円にしてしまうと言われているんです。
つまり、1年後に投資資金が少しでも残っていたというだけで投資スキルが身についているということがわかります。

FXに憧れるあなたへ

FXって憧れますよね。なんだか響きも格好良いですし、投資をしているというのは、それだけで「デキル大人」感がします。ここではFXに憧れているけれど、まだ実際にスタート地点に立てていないあなたへ、FXを始めるための初心者向け情報をご紹介したいと思います。

FXとは、Foreign Exchangeという英語の、ForeignのFとexchangeの二文字目のXを採った略語です。 正式に日本語訳すると、「外国為替証拠金取引」となります。「 外為(がいため)」という略称で呼ばれることもあります。米ドルやユーロ、オーストラリアやニュージーランドのドル、トルコや南アフリカなどといった新興国の通貨などと、日本円を交換する取引です。外国の通貨に交換すると何が良いのかというと、交換率、すなわち為替レートは随時変更しますから、自国通貨に対して外国通貨の価値が安いときにたくさん買っておいて、自国通貨の相対的な価値が下がったときに日本円に戻せば、もとの日本円の額よりも増えることになるからです。また、外国通貨の中には金利がとても高いところがあります。FXをして、外国通貨で資産を保有している間は、その通貨の政策金利が適応されますから、マイナス金利の日本円を保有しているよりも殖えやすいというのもメリットですね。

さて、このようにメリットの多いFXですが、実際に取引を始めたいと思ったら、まずは市況について知らなくてはなりません。市況とは、市場の取引の状況です。基本的なところでいえば、為替レートを記録しているチャート(グラフ)や、そこに加えられているロウソク足を読めるようになること、それから、国内外の経済にかかわるニュースをチェックすることなども大切です。為替レートというのは国と国の関係によってすぐ大きく変動しますから、政治家の発言や各国の指標によって影響を受けますよ。FXを始めるには、他にも知っておくべきことがたくさんあります。FX初心者の方は、こちらを参照してください。FXブログ「一度やってみたかったFX」です。

FXで人気の通貨ペア。

FXでは、通貨ペアを選んで投資を行っていかなければなりません。
通貨ペアが多すぎてどれにすればよいか決めかねている投資初心者の方も多いことでしょう。

そこで、主要な通貨ペアの特徴を以下に記載しますので、分析などに役立ててみてください。

●米ドル/円
米ドルと日本円の組み合わせ。
FXを始めるとき、最初に取引されることが多い通貨ペアです。
米ドルは日本でも比較的なじみがあり、さらにチャートの動きもそれほど極端ではないということもFX初心者にはおすすめの理由。
できればドル円でのトレードを繰り返し、ある程度慣れてきてから他の通貨ペアに移るようにするのが良いでしょう。

●ユーロ/円
ユーロと日本円の組み合わせ。
ユーロは日本人にとって、ドルの次になじみがある通貨です。
1999年にEUの統一通貨として誕生した通貨なので、他の通貨と比べるとかなり歴史が浅いことが特徴。
ただしドル、ユーロ、円の3本柱が外国為替市場では取引量が多い通貨となります。
日本人投資家にとっても人気が高く、ドル円に次いで第2位の取引高です。

●英ポンド/円
英ポンドと日本円の組み合わせ。
英ポンド円は、なんと別名が「殺人通貨」と呼ばれているのだとか。
その理由としては、値動きが荒いためだそう。
デイトレーダーにはかなり人気が高い通貨となっています。
初心者には値動きの予測がつけにくいことから、あまりおすすめはできないでしょう。

●豪ドル/円
豪ドルと日本円の組み合わせ。
豪ドルは政策金利が高いので、スワップポイントを狙った取引で人気が高くなっています。
ただし、世界的に見るとさほど取引量が高くないことも特徴と言えるでしょう。
豪ドル円の取引時には、ドル円、および豪ドル米ドルの値動きにも注目したほうが良いです。

以上が、人気の通貨ペアになります。
初心者の方は、間違いなく米ドル円がおすすめ。
リターンが少ないと感じるかもしれませんが、その分リスクも低いのでFXの仕組みを実際に取引しながらつかんでいくということにも便利です。